飽きさせない疲れさせない話し方

420説明上手.jpg  

内容が明確な話し方は、理解されやすく疲れない。話の内容を事前に整理してあると聞き手は疲れない。1.話しの冒頭に、これから話しをすることの内容のポイントを述べる・説明するテーマの背景や概要の情報を話す・説明の展開の順番を話す 2.主語を意識して話し、接続語をしっかり入れて話す。3.重要なポイントに絞り話す4.データの活用自分の説明の意図が理解されるものを提示する 相手に合わせた説明方法 簡潔に、わかりやすく、しかも短時間であなたの説明を分かってもらう必要がある。 それには、相手によって説明の仕方を臨機応変に変えていく必要がある。 基本的な説明では、序論、本論、結論の組み立てである。  (結果を伴う説明の場合) 結論だけの報告する場合には、あえて序論を話さなくてもよい。この場合には結論から話し始め、本論へと結びつける。  (説得を伴う説明の場合)  商品提案など相手が納得しなければ、自分の説得は成功しない。その為にはの同意序論、本論、結論の基本的な組み立てで話しをする。  この説明の使いわけについては、状況や説明の内容で、おのずと組み立てが決まってくる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。