話の組み立て方テクニック2

420説明上手.jpg


自分が何を説明したいかをまず決めて、話しの組み立てを考える。この骨組みの組み立てがまずいと、言いたい事が相手に伝わらない。 「起承転結」は、小説家などの物書きのストーリー構成としては有名である。  三段階法、四段階法、起承転結 起は前文、承は前文で述べたことを受けて具体的に話しをすすめる転は、引っくり返す、結は結びである。 三段階法とは、序論(前置き)、本論(主題)、結論(結び)の三段階に分けて話しを進めるものである。 序論でまず、聞き手を引きつけなければならない、聞き手に対して「今からこんなことを述べる」と単刀直入に話す。話しの導入部分であり、聞き手を吸い込む。 @ テーマの概略、概要などを話す A 説明の目的や内容をあらかじめ話す  本論(主題)序論の話しを具体的に展開する。   目的とすることについて話しを展開  結論(結び)最後に話しをまとめる。 @本論での話しをまとめる。 A 本論の話し上、今後の対応策や検討事項などを話し、問題意識をもってもらう。説明のよし悪しは組み立てできまる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。