説明よくうまく話すにはコツがある

 420説明上手.jpg 


説明という事については、自分が理解した上での相手のための説明するのであって、説明者の真意が伝わらなかったらよい説明とは言えない。説明について必要な条件が「正確に説明する」「わかりやすい表現」「相手への親切さを心がける」の3項目につきる。正確さを備えていない説明は、良い説明ではないのは言うまでもない。親切さを心がけるというのは常に相手の立場にたつことを意味している。まさしく人に好かれる話し方とも言える。 説明の構想とは、情報の編集作業である。どの順番でどう語るか。説明者のウデと構成によって違いがでる。説明がよくなるか、わるくなるかは、実はこの編集作業の差なのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。