説明上手になるための方法

 420説明上手.jpg

説明上手な人は、どんな素人にもわかりやすくやさしい言葉を使い説明できる人だと思う。 たとえば、業界分野に関することでも、自分だけがわかっている専門用語で話すのではなく、素人にもわかりやすい言葉で説明できる人だと思う。 上手な説明の仕方というのは、聞いていて清々しく、伝えたいことがすんなりと伝わる。とくに仕事上の説明ともなると、簡潔に、要領を得ていて言いたいことが何かがはっきりしているものが効果的である。 聞き手にわかりやすい説明をするために1.自分さえわかっていれば聞き手も理解するとは思わないこと自分が理解しているほどには相手は理解していない。そうした事をつかむことができずに、話していると聞き手はうんざりしてしまう。業界分野に関することなど専門用語で話すのではなく、できるだけわかりやすい説明をしなければならない 2.抽象的なイメージを描かせる仕事上の説明ともなると、より具体的なイメージや視覚に訴えるような準備が必要となる。例えば、図、表、グラフなどの目に見えるツールを使い具体的なイメージを描かせるように心がける。 3.相手にわかる言葉を使う誰にでもわかるやさしい言葉を使うことは難しいことではない。しかしながら、言いたいことが相手に理解されなければ意味がない。何かを説明するときには、相手にわかる言葉を使う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。