何をどう説明すればいいのか?

420説明上手.jpg 


説明には、相手と説明者がいる。説明者の言いたいことが相手に必ず伝わることは、限らない。 説明者のイメージを100%説明することはできない。思ったとおり説明しても、充分に伝わるとは限らない。その為の方法であり、大切なのは説明者自身がイメージして話すことである。常に相手の立場になって説明するという姿勢が必要になってくる。  まずは、正確に説明することです。つまり聞いている人がどちらでも受け取れるような抽象的な表現をさけるのが大切です。説明する言葉を短くし、すぐわかるような言葉でわかりやすく話していくこと。 説明する相手は誰か?何のための説明なのか?何を最低限伝えなければいけないのか?説明の構想、順番、説明の目的、成果を事前に準備することを忘れてはいけません。  例えば道を訪ねられた場合には、「あちらの角を右に曲がって」と言うよりも「100m先のタバコ屋を右に曲がって」と説明したほうが具体的になって親切心があります。なるべく「あちら」「こちら」と言う言葉よりより具体的な言葉を選んだほうがよい場合もあります。大事なのは常に相手がわかってもらえるか?という視点に立って説明する姿勢です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。