上手な説明の話し方

 420説明上手.jpg


人間生活を行う上で話し方ひとつでその人の印象が違ってくる。日本人は説明が下手である。 人間は生きていく上で説明力は欠かせられない。例えば商品の説明、上司への説明など説明力が求められる。説明力が良かったりすると、その人の評価が上がったりする。 説明力がないと、仕事の成果を認めてもらえない。仕事を任せてもらえない。話を最初から聞いてもらえない。などさまざまな不利になる事が多い。 説明力をつける事によりあなた自身を変えていくことも可能だ。 説明がうまい人は好印象、結論から先に言っておく。どんなにまじめであろうと仕事ができる人がいようと説明能力が劣っていれば頭が悪いと思われ評価が下がってしまう可能性がある。説明力というのは、なぜ信頼があるのだろうか? 説明力がある人には、共通点がある。 1.物事を理解する力がある2.説得力がある。3.わかりやすく話す したがって説明が上手な人は頼もしく思われ周りからの信頼があつくなる。 説明の話し方が良ければ相手の印象もかわるし、自分の評価もよくなるであろう。この話し方を身につければ、企業のプレゼンテーションや企業の交渉事まで応用ができる。  逆に、説明がうまくない人は 1.言いたいことが相手につたわらない。2.説明しょうとする順番のイメージがまとまらない  説明する順番が定まっていない。 3.自分でも何を言おうとしているかわからない4.よけいな事を言い過ぎて重要な点を伝えられない。5.難しい言葉で自分にしかわからない。  つまりいかにまじめでも仕事熱心でも説明上手な人にはかなわないのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。