説明の順番

420説明上手.jpg 

「うまく説明しよう」と身がまえず、「まず話そう」とリラックスすることから始める。人間には一定の法則、規則、順番、リズムがある。この法則等にのっとり説明すると相手は理解しやすくなる。 論理的な説明をするためには、この順番を知らないといけない。原因から結果、結果から原因という2つの説明方法や時間の順番などである。説明の順番を間違えると何を言っているのか。相手は理解できなくなるであろう。この基本的な順番により相手が話す内容をイメージし頭で整理しやすくなる。この順番に気を配れば説明がうまくなる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。