説明上手は理解上手

420説明上手.jpg 

説明上手は、聞き上手でもある。話し相手が話しやすいように上手に受け答えをしながら相手の話を引き出し自分自身が理解する。相手にじゅうぶんにしゃべらせる雰囲気づくりを考える事もできる。説明する準備として、相手の事を考えながら、相手の都合、時間について余裕をもって説明する時間づくりをすることが大切になってくる。忙しい時間帯についてもまずは相手の頭の中に説明する用件が入らないであろう。 そして説明する前にまず構成を考える。難しい説明は、何かに例えられないか?を考える。説明を行う前に事前に見たり、聞いたりしたときに、自分の考えをまとめてみるのも方法である。しばらく考えてこれで行おうと決心がついたら説明を始める。どうしてこんな事を考えるのか?といえば構成など考えないで説明をすると支離滅裂になってしまったり重要な事柄を説明し忘れるなどのトラブルを避けるためである。最後に構想が固まったら5分程度説明メモを見ながらイメージをする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。