やさしい言葉を選ぼう

420説明上手.jpg 


昨今のカタカナの氾濫を見ていると目をおおいたくなるくらいである。言人々は何でもカタカナ語で話すと自分は知識・教養があるとでも考えているのだろうか?いくら時代が進歩しても本来の日本語を使わずに難しい言葉で話をする必要があるのだろうか。例えばビジョン(展望)、リアルタイム(即時)、サマリー(要約)、ユビキタス(時空自在)、モラルハザード(倫理崩壊)、フレームワーク(枠組み)、コラボレーション(共同制作)等のカタカナ語が多く使われる。理解できるであろうか?また、同じように業界特有の専門用語や技術者にしかわからない特定の用語もなるべくさけ、素人でもわかる言葉で説明をするように心がけよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。