反対意見を言うテクニック3

420説得.jpg 


自分の意見を言う場合、自分の言いたいことを言うだけで、相手にどう影響があるのかを考えて言う傾向がある。  意見を言う場合には、相手と異なる意見を言う場合には、自分の言いたい事を相手に伝えることでより、問題点や新しい考え方がうまれよりよい案にしていく事である。  したがって、自分の考え方を主張することは決して恥ずかしいことでもない。  ただ、主張するという事は相手に自分の意見を押しつけるのではなく論理的に反対意見を言う事が大切になってくる。  
自分の意見をつたえるには?
1.相手の考えに賛成、反対を伝える。
 2.たしかにあなたの意見はわかりますが、しかし(自分の意見・・・・) 相手の言う事を受けておいて実際は反対意見を伝える
3.なぜなら・・・・・・   なぜそうだと言えるのかを根拠の説明
4.結論  相手に反対意見をのべるのには、まず、賛成か反対か相手に意思をつたえ  相手の意見に「たしかに・・・・しかし(自分の意見)」の形式で話しを進め る、しかし後に自分の意見を伝え、なぜならで根拠を話し結論でこのよう に・・・の意見に反対します。という形式で話したらどうだろう。   相手の意見に反対意見をのべるためには、理解される根拠を話し、相手に理解されるようにつとめる。 もちろん、反対意見をはっきりと相手に伝える勇気をもとう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。