反対意見を言うテクニック2

420説得.jpg 


人は自分の意見に賛成してくてる人に好意をいだきやすい。 しかし意見や見解が違っているときは、いくら好意があっても相手の意見には従わないし、賛成しない。 だからと言って「反対」「賛成」と主張をぶっけると相手との人間関係の摩擦が起きる可能性がある。  そのような場合には言い方をやわらかく「反対」の意思をつたえなければならない。そこで相手の意見に賛成しているような言い方だが本当はそうではないという言葉を使う。  「たしかに あなたの言うとおりだが、しかし別の見方もある」という言い方。つまり相手の言うことを受けておいて実際は反対している。という言う表現が大切になる。  相手の提案に対し、全部反対ではなく、一部分でも賛成できる場合においては、賛成できる部分を表現にくみいれる。 「たしかに、・・・・・部分に対してはあなたの言うとおりだが、しかし・・・・」 「・・・・・点はあなたのいうとおりだが、しかし・・・・」という表現にする。  このように意見をつたえる場合には相手との人間関係の摩擦を生じさせないような表現でつたえるほうがよい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。