反対意見を言うテクニック1

420説得.jpg 

自分の意見と他人の意見が同意見の場合には、説得しやすいが、相互に反対意見の場合には、相手を説得するのは、大変である。  特に、会社では、他人の意見に同調し、相手の顔色をうかがいながら曖昧にすすめ、自分の思っている考えを言えない。また、相手との人間関係を恐れて意見を言えなかったりする事もある。  反対意見を言う場合には、反対意見には、新しい考え方を生むきっかけになり、お互いに、より良い意見の方向になる可能性もあります。    相互に意見が違う場合には、どう違うのか、なぜお互いに意見が異なっているのか、どうすればお互いに意見を調整して一致させるのかを考える必要がある。  お互いの主張しあうだけでは、解決ができない。自分の考えをまず、相手に伝えて主張する。  人の意見に反論する場合には、お互いにその意見以上によい案にしていくことが好ましい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。