論理的な説得テクニック

420説得.jpg 

自分の意思を通そうとするときには、前置きがながくなって相手が聞いてもらえない事もある。最初に自分の意見を主張する場合には、はっきりとこの意見には賛成、反対を明確にして話し始めれば聞いている方も安心だ。 意思表明をした後に、根拠を話し始める。根拠がないと相手に分かってもらえない。 話し方としては
 (自分の意見を主張する場合)
  パターン1
 1.最初に自分の意見を主張する。   「この意見には賛成だ」
 2.主張を反転させ、しかしで理由   「たしかに、しかし」
 3.根拠   賛成する根拠を接続詞をつかいながら根拠とわかるように切り返す。   「なぜなら」
4.結論   主張の結論を最後にもう一度   「このようなわけで・・・・・・・賛成だ」   根拠の理由のみの場合  この意見には賛成だ。なぜなら・・・・だからだ。    どちらの説得にも根拠が必要である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。