説得の型は三角形

420説得.jpg 

話し方には大きく分類すると、前置き型(三角形型)、結論型(逆三角型)の2つの三角形型がある。ビジネスの上での話し方では、逆三角形型で話さなければならない。結論型(逆三角形型)は、最初に結論、目的、ねらいを話す。、こちらの方が聞いている方は安心して聞ける。前置き型(三角型)は、前置きがあり結論にもっていく話し方。こちらの話し方は、ずばり結論を言わないので前置きがながくなる傾向があり、最後にようやく結論が出てくる。どちらの型で話すかは場所において相手を説得する方法を自分なりに変えていこう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。