議論の話し方テクニック

3議論攻略.jpg
 
 
議論とは論じ合うこと。意見をたたわかせること。ある事柄について異なる立場に分かれ意見をたたかわせること。自分が意見を言う場合には、自分の価値観において主張します。他人とまったく同じ価値観ではないはずです。他人と意見がことなるのは、今まで育った環境、性格などの違いで意見が異なるのは当然であるのです。人間は一人一人考えが違う生き物であると考えて、当然自分の意見には反対意見が出されるのもおかしくはないのです。 また、その時々の感情、都合、気分などによっても変わってくるものです。 議論とは、相手を言いくるめることではない。 議論は意見をたたかわせるとあるが、相手とけんかをする訳ではない。中には声が大きく、けんか腰になって我を通そうとする人もいるかもしれない。 議論はお互いの意見をたたかわせた結果、よりよい方向になることが大切である。 議論の機会を作つたり、会議や打ち合わせの経験を積み、たくさん経験すること。そしてたくさんの知識を自分でとりいれることを勉強していくうちに議論の力がついてくるわけである。 また、相手の立場に立ったときにどう自分だったら議論できるだろうか?と常に相手の立場にたち考えることも勉強である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。